日本デイサービス協会は通所介護事業、地域支援事業並びに介護予防給付の在り方に対する政策立案・提言や、通所介護事業所におけるリハビリを取り入れたサービスの普及推進活動を行います。

高齢者の自立を支援し、地域介護をささえる

協会からのお知らせ

LIFE およびフィードバックデータの活用における課題について

令和3年度介護報酬改定にて科学的介護情報システム(LIFE)の導入が始まり、通所介護事業所では令和3年8月25日時点で科学的介護推進体制加算は57.9%・個別機能訓練加算Ⅱは37.8%が算定を開始しております。

要介護1,2の日常生活支援
総合事業制度への移行について

財務省による財政制度等審議会・財政制度分科会(令和4 年4 月13 日開催)において「第9期介護保険事業計画間に向けて、 要介護1・2への訪問通所介護についても地域支援事業への移行を検討し、生活援助型サービスをはじめとて全国一律の基準ではなく地域実情に合わせた多様な人材・多資源を活用したサービス提供可能にすべきである。」と提言がなされました。

栄養改善加算の取得率向上のための
算定要件の見直しについて

介護給付、地域支援事業及び予防給付における「栄養改善加算」は、高齢者の毎日の営みである「食べること」を通じて、低栄養状態の改善や心身の状態の維持・向上に資する取り組みの実施を評価する加算です。

新型コロナウィルス感染拡大の影響に
対する支援を要請

新型コロナウィルスオミクロン株の感染拡大が抑制され、少しずつ落ち着いて行くものと思われます。これまでの政府や厚生労働省からの介護現場に対する労いや配慮は本当に有難く思います。

日本デイサービス協会が選ぶ、2022年
デイサービス5選の事業所発表

日本デイサービス協会は、地域包括ケアシステムの確立において、在宅サービス 3 本柱の1つであるデイサービスの意義の再構築と、その可能性の探求し、レスパイトケアの充実に加え、自立支援の推進を通じて、デイサービス事業者が持続可能となるよう、利用者本位の社会保障制度改革の実現を目指しています。

介護従事者の労働環境改善について

デイサービスを始め介護従事者の人材採用については、厳しさが増してきています。更にその中に置ける有資格者の採用については、さらに困難を極め求人広告費、人材紹介等の人材採用費の増大に加え、人材派遣においても確保出来ない状況となりつつあります。

Topへもどる