日本デイサービス協会は通所介護事業、地域支援事業並びに介護予防給付の在り方に対する政策立案・提言や、通所介護事業所におけるリハビリを取り入れたサービスの普及推進活動を行います。

高齢者の自立を支援し、地域介護をささえる

協会からのお知らせ

日本デイサービス協会が選ぶ、2023年
デイサービス5選の募集について

日本デイサービス協会は、地域包括ケアシステムの確立において、在宅サービス 3本柱の1つであるデイサービスの意義の再構築とその可能性を探求し、レスパイトケアの充実に加え、自立支援の推進を通じてデイサービス事業者が持続可能となるよう、利用者本位の社会保障制度改革の実現を目指しています。

新型コロナ感染拡大第7波の影響および
物価高騰による運営の影響について

新型コロナウィルス感染症の拡大は、私たち介護事業者および介護従事者にとって大切な利用者の命を脅かす最重要問題として認識しております。

自己負担割合原則2割変更の
見直しについて

2015年8月より介護保険制度の維持や負担の公平化、ご利用者自身の負担能力に応じた負担を求める観点から年金などの収入が一定のご利用者は自己負担が2割となりました。

医療機関及び介護・障害福祉事業所等に
おける物価高騰への支援の拡充に関する
要望

日頃から新型コロナ禍にかかる医療機関及び介護・障害福祉事業所等への支援について対策を講じていただいておりますことに、深く感謝申し上げます。

財務省からの自己負担原則2割導入提言
における利用者意向調査結果

一般社団法人日本デイサービス協会(東京都千代田区 理事長:森剛士)は、加盟事業者の利用者を対象として実施した「自己負担原則2割導入における利用者意向アンケート」の結果を発表いたします。

LIFE およびフィードバックデータの活用における課題について

令和3年度介護報酬改定にて科学的介護情報システム(LIFE)の導入が始まり、通所介護事業所では令和3年8月25日時点で科学的介護推進体制加算は57.9%・個別機能訓練加算Ⅱは37.8%が算定を開始しております。

Topへもどる